お菓子通ネット

まいあめ工房
まいガム工房
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
ホーム
お菓子日記
駄菓子レシピ
喰わずに死ねるか!
駄菓子トリビア
業界レポート
運営者について

震災の影響は多方面に… [お菓子日記:2011年08月10日]

東日本大震災の影響は、我々お菓子業界にも色々な形で出ており、戻って来た夏場の猛暑と相俟って商品の荷動きは非常に悪いのが現状です。
が、中には非常に元気(?)にご商売をなさっているメーカーさんも有ります。

我が先輩は美術館からもお誘いが…

今回は、我が先輩の「手作り飴」メーカーさんの事を少々…。
この先輩、知る人ぞ知る「手作り飴」の著名な職人さん。お客さんから寄せられた注文(デザイン)を優れた技術で見事な飴に作り上げるとあって、この夏の暑い盛りであっても注文は途切れる事を知りません。
先日は、その技術を買われて「東京都庭園美術館」さんからお呼びが掛かり、製造実演の道具一式を愛車のハイエースに積み込み、東京まで実演をしに行かれました。

null

<[震災の影響は多方面に…]のつづき>

「駄菓子」と言えども最新鋭機で作られてます [お菓子日記:2011年04月28日]

最近、テレビのバラエティー番組でモノづくりの現場が紹介される機会が増えて来ましたね。
私達の住む愛知県は、全国でも有数のモノづくり産地として知られています。勿論、お菓子の製造メーカーさんも沢山有ります。

大手と言われる菓子メーカーさんの多くは、新商品の研究・開発にも巨費を投じて、日夜”おいしくて、安全で、夢のあるお菓子づくり”に励んで見える様で、巨大な製造プラントでは、ボタンを1つ押せば高品質で均一な商品が瞬く間に出来上がり、全国津々浦々の小売店頭に配荷する大量の商品を作り上げる事が出来ます。

<[「駄菓子」と言えども最新鋭機で作られてます]のつづき>

お友達の「まいあめ工房」さんが… [お菓子日記:2011年04月01日]

愛知県菓業青年会で活動を共にした同志で、伝統の「金太郎あめ」の技術を使った、オリジナルキャンディーのインターネット販売を展開する「まいあめ工房」(中村貴男社長・本社=名古屋市西区南堀越)が、東日本大震災の復興への願いを込めて「特製まいあめ」を作り、収益を義援金として寄付する活動を開始した。

null

<[お友達の「まいあめ工房」さんが…]のつづき>

東日本大震災 [お菓子日記:2011年03月16日]

11日金曜日、スナック菓子大手メーカーさんが”東京証券取引所第1部”に上場すると言う事で、取引初日のこの日、東京:中央区日本橋の”東証アローズ”で記者会見が開かれる事となっていましたので上京していました。

午後3時~記者会見が行われると言う事で、その時間に合わせて午後2時30分頃には会場入りしていたのですが、間もなく開会…と言う所で、グラグラッとあの東日本大地震が発生!
いやぁ、本当にビックリしました。東京証券取引所は、TVのニュース番組でガラス張りの上部に取引状況が電光掲示で表示される場面を良く見ていましたので、その広さは何となく分かっていたのですが、会見中も、そのガラスが今にも割れて降り掛かって来るのではないか?と思うほど、激しい揺れが幾度と無く続きましたが、同所の防災センターの館内放送で”当ビルは耐震設計となっており、慌てて外に出るよりも、揺れが収まるまで待機した方が良い…”との事で、何とか記者会見を切り上げ、早々に帰名する事としました。

”東証アローズ”から東京駅までは徒歩で約20分ほど、外に出ると大勢の人がゾロゾロと歩いていてヘルメットを持っている人も大勢。「これはただ事ではないな…」と直感しましたが、案の定”東京メトロ”も”JR”も止まっていて、慌てて東京駅まで歩いて行きました。

当然、東京駅も大混乱。改札機もダウンしたままで、コンコースも大勢の人で大変でした。

null

<[東日本大震災]のつづき>

週明けの「ホワイトデー」に向けて… [お菓子日記:2011年03月10日]

2月14日の今年の「ヴァレンタインデー」は、11日の建国記念日(祝日)~12日の土曜日~13日の日曜日と繋がった3連休明けと言う事も有って、家庭での手造り派が非常に多かった様です。
その反面、地域の洋菓子店や専門店が販売する「チョコレートギフト」は不振だった様で、ここでも業界の厳しさを感じました。

さて、週明けの3月14日は愈々「ホワイトデー」です。「ヴァレンタインデー」にチョコレートを頂いた男性の方々は、そのお返しに頭の痛い所ですよネ。
私も、ボランティアで地域の子供達に「ソフトボール」のコーチをしているのですが、やはり皆さんと同様に「ヴァレンタインデー」にチョコレートを頂いたので、そのお返しをアレコレと考えていたのですが、今回はこの企画でお返しする事としました。

null

20110310-Tsurufuji_Work.jpg

<[週明けの「ホワイトデー」に向けて…]のつづき>

たまには息抜きがてら… [お菓子日記:2011年02月24日]

長引くデフレや夏の猛暑から続いているお菓子業界の沈滞ムードは依然として回復の兆しは見えて来ないまま、メーカーさんや問屋さんを回っても「厳しい…」との話が途絶えませんが、下を向いてばかりではいられませんので、仲の良い業界の友人や先輩方と年に数度、市場リサーチを兼ねてチョッとした旅行に出掛ける事があります。
今回は、先輩の還暦祝いを兼ねて静岡県は浜松~浜名湖辺りに出かけて来ました。

「市場リサーチで浜松~浜名湖かよ…」なのですが、オッサン連中が流行のショップ巡りをすると変に目立ってしまいますので、そこは「以前どこかの誰かに聞いた事があるんだけど、こんな辺鄙な場所でもシッカリとしたご商売をされているお店があるんだよ…」と言ったリサーチをする事が多いのです。
今回は、同行の某氏が「以前、何かの雑誌で見た…」と言う「ぬくもりの森」と言う場所に行って来ました。

null

某氏が言うには、浜名湖の近辺で殺風景な田舎道を上がって行くと、突然「ピーターラビット」の絵本にでも出て来るような雰囲気のある洋館がある一角に辿り着く…との事。「そんな所で何をしているんだろう?観光地?ショップ?」ま、とりあえず入って見る事にしました。



<[たまには息抜きがてら…]のつづき>

今でもあるんですねぇ~ [お菓子日記:2011年01月17日]

仕事帰りの道すがら、ふと道端に目をやると通常の自販機に混じって何やら見慣れない
自販機が…。
null

興味をそそられ、車を路肩に止めてじっくり観察すると、どうやら「お菓子の自動販売機」らしいのです。

<[今でもあるんですねぇ~]のつづき>

謹賀新年 [お菓子日記:2011年01月13日]

平成23年、辛卯年(かのとうどし)が始動しました。
今年還暦を迎えるのは、1951年(昭和26年)生まれの皆さんです。
「辛」の字は新(あたらしい)で、草木が枯れて新たな世代が生まれようとする状態を表しているそうです。
また「卯」の字は「茂る」意味で、草木が地面をおおう状態を表しているそうです。
これらから想像すると、今年は世代交代の年で新しい力がグングン勢力を伸ばして、勢いのある1年になるのではないでしょうか。また、そうある事を祈念したいものです。

<[謹賀新年]のつづき>

遅まきながら「今秋の新商品」~その4 [お菓子日記:2010年11月26日]

明治製菓さんの「今秋発売新商品」

null

菓子・食品の大手総合メーカー明治製菓㈱(本社=東京都中央区京橋)では、秋の新製品を一堂に発売して好評を博している。
今シーズンの菓子新製品開発のポイントとしては①「板チョコ」群の強化・拡大②チョコスナックでヒット商品への挑戦③ロングセラーブランドの強化と群による展開…と定めて新製品を企画。

同社は昨年「明治ホールディングス」として新たな一歩を踏み出し、それを機に”チョコレートは明治…”の合言葉で80年以上、多くの消費者に愛され・親しまれて来た”ミルクチョコレート”を始めとする板チョコ群のパッケージを38年振りに一新。伝統に更に磨きを掛け、不況と言われる中にあっても板チョコの実質価値や、手作りチョコによる若年層の拡大によって売上を拡大させた。

<[遅まきながら「今秋の新商品」~その4]のつづき>

遅まきながら「今秋の新商品」~その3 [お菓子日記:2010年11月19日]

江崎グリコさんの「今秋発売新商品」

null

江崎グリコ㈱(本社=大阪市西淀川区歌島)では、チョコレート製品を始めとする今秋発売の菓子新製品を一同に発表。
定番商品への回帰、消費者の安心感充足、分かり易さ…などをキーワードとし、消費に対して二の足を踏む様な世間全般の傾向を、メーカーとしてキチンと解決する事が重要な役割との分析から、今秋については“定番・安心感・分かり易さ…”と言う切り口をポイントに消費者にキチンと伝えて行く事を重視し、更にお値打ち感、付加価値、ストーリーも交えて…と言った提案を柱に商品ラインナップを展開している。

<[遅まきながら「今秋の新商品」~その3]のつづき>

駄菓子トリビア

「カップゼリー」について [2010年02月01日]

皆さんの中にも「ゼリー」大好きな方が沢山いらっしゃると思いますが、「ゼリー」にも色々な種類が有...

<[「カップゼリー」について]のつづき>

「ラムネ」飲料について [2010年02月01日]

コンビニや自動販売機などで売られている清涼飲料水はすっごく種類が多くて、大量生産によって価格も安い...

<[「ラムネ」飲料について]のつづき>

駄菓子博物館 懐かしの駄玩具 [2009年12月15日]

独楽(木製) 木製のこま。部屋の中で遊ぶと よく障子に穴が開いて怒られた。(^^;)

<[駄菓子博物館 懐かしの駄玩具]のつづき>

駄菓子博物館 かなりレアな駄菓子たち [2009年12月15日]

永井製菓 30円 ばなやん 馬鹿味のバナヤン。カステラ生地に チョコがかかっています。 ちょっと...

<[駄菓子博物館 かなりレアな駄菓子たち]のつづき>

駄菓子博物館 ちょっぴりレアな駄菓子たち3 [2009年12月15日]

安部製菓 10円 くだものラムネ オレンジやイチゴ味のフルーツラムネ

<[駄菓子博物館 ちょっぴりレアな駄菓子たち3]のつづき>

駄菓子博物館 ちょっぴりレアな駄菓子たち2 [2009年12月15日]

共親製菓 20円 きびだんご 桃太郎で有名な?きびだんご。

<[駄菓子博物館 ちょっぴりレアな駄菓子たち2]のつづき>

駄菓子博物館 ちょっぴりレアな駄菓子たち1 [2009年12月15日]

共親製菓 30円 さくらんぼ 一つ一つ爪楊枝で召し上がれ。 姉妹品に青りんご、サイダー餅もありま...

<[駄菓子博物館 ちょっぴりレアな駄菓子たち1]のつづき>

駄菓子博物館 有名どころの駄菓子たち2 [2009年12月15日]

松尾製菓 10円 チロルチョコレート 10円駄菓子の草分け的存在。昔に比べ、 格段に味が良くなって...

<[駄菓子博物館 有名どころの駄菓子たち2]のつづき>

駄菓子博物館 有名どころの駄菓子たち1 [2009年12月13日]

丸川製菓 20円 オレンジマーブルフーセンガム オレンジガムと言えば遠足のお友達。 昔は4個入10...

<[駄菓子博物館 有名どころの駄菓子たち1]のつづき>

名古屋嫁入り物語<嫁入菓子> [2009年12月13日]

名古屋を中心とした尾張地方では、昔から結婚式が派手なことで知られています。 結婚式の当日、花嫁が...

<[名古屋嫁入り物語<嫁入菓子>]のつづき>

駄菓子屋講座 立案編 [2009年12月13日]

駄菓子屋を企画した場合、まずやらなければならないことは予算案の策定である。出店にかかる費用の概算...

<[駄菓子屋講座 立案編]のつづき>

駄菓子屋講座 仕入編 [2009年12月13日]

立案編で述べたように、需要予測を行ってから仕入をするわけだが、気を付けなければいけないのは、来客...

<[駄菓子屋講座 仕入編]のつづき>

駄菓子屋講座 売り方編 [2009年12月13日]

最後に売り方である。せっかく駄菓子屋をやる以上楽しんでやるべし。 1,販売商品のカンペ、あんち...

<[駄菓子屋講座 売り方編]のつづき>

ポン菓子ができるまで [2009年12月12日]

さて、これが問題のPOPマシーンです。これはイベント用に小型の物ですが、専用工場に据え付けてあるも...

<[ポン菓子ができるまで]のつづき>

歴史民族学講座 [1998年01月30日]

名古屋市の北西部にある師勝町の歴史民俗資料館では、特別展「昭和モノ図鑑を作る」が開催されています...

<[歴史民族学講座]のつづき>

検索
ログイン